• 工場でのホーニング加工で省エネへ
  • 

    部品で省エネ

    Posted by landlesstheatre.org on 木曜日 6 3月 2014 6:05 AM

    世の中に機械で稼働するものはどこを向いても多数見受けられます。その中でも自動車部品や油圧機器、その他精密機器など筒状や穴状の部品について、その内部を研磨して低摩擦を実現する加工をホーニングと言います。このホーニングは上述の各種機械部品を始めさまざまな用途に使用されているもので、近年の機械工学には欠かせない技術です。

    特に潤滑油やガソリンを用いて駆動する機械部品のシリンダー部に採用されるのがホーニングであり、その液体の持ちをよくすることで摩擦を減らし、稼働率を上げて省エネを図ろうということです。激しく駆動するこの部分をホーニング加工なしで動かすと、オイルを部品に維持できる率が低くなり、大量な消費を余儀なくされるのです。

    その問題を解決したのがこの加工方法であり、現在では部品加工工場で頻繁に用いられていたり、工場用や個人で使用できるような機器も販売されています。近年省エネの動きが高まってきたこともあり、部品に加工を施すことで省エネにつなげられるこの加工法は注目を浴びていると同時に、各方面の機械製造の場面で重宝されるものとなりました。

    工場ではさらに精度の高い加工を施すことが可能となっており、シリンダー内部の間口もかなり微細なものに対応できるようになっています。そのため、極小の精密機器部品にも使用することが可能になり、ますます工場での加工や部品の用途に広がりを見せているのです。

    部品の仕組みで多大な省エネ効果が期待できるホーニング加工にとはどのようなものなのでしょうか。

    イチ押しリンク

    コメントはまだありません

    コメントはまだありません。

    この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

    現在、コメントフォームは閉鎖中です。